四つ葉のクローバー クローバー ガーデニング 自然 趣味
~クローバーの国から~ 
様々なクローバーの研究・栽培をしています。
プロフィール

trifolium repens

Author:trifolium repens
日々クローバーと格闘しています。
カラーリーフに、四葉や五葉。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

足跡



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クローバー王国の目標は?......
 ルーベンスです医者


さて、クローバー王国は何をしたいのか? 目的は何か?
一部の方々が抱いているであろう項目をここで晒しておくことにしたい。
(販売せよ とのメッセージを戴いたりするので)

目的はふたつ

 ・本物の四つ葉のクローバーをたくさんの方々に知って戴き、ニセモノ商法を根絶したい。
 ・四葉のクローバーの研究・品種改良を行いたい。


最初の項目については、ずいぶんと進展した....と思っていたのだが、「ピンクリボン運動」で四つ葉のクローバーと称して「オキザリス」を配っていたりするので一進一退である。

しかしながら、「すイエんサー」のお陰で全国のたくさんの方々が、四つ葉のクローバーを頻繁に見つけられるようになられたようなので、分母が増えて本物の四つ葉のクローバーが目に触れる機会が増えてきており、今後に期待される状態であると言える。

二つ目に付いては、次々と新品種を作出してはいるが、現在のところ商業園芸は考慮していない。
これは商売を考えると、必ず曇ってしまうからである。
余談だが王国は赤貧である。なにしろこの数年間、収入らしきものはTV局のギャラ以外ほとんど無い。ゆえに自給自足よろしく野菜類を作っている。だが、これはある意味とても贅沢なことである。なぜなら、高価な野菜などをふんだんに山ほど食せるからである。

好き勝手に書き連ねたが、repensの考えもそんなに相違点は無いハズ........である。

~満ち足りるを知れ~ ルーベンスの師の言である。
もとより、不器用であるからあちらこちらは不可能である。

      ~幸せの種は、貴方の足元に~
                    
                                     ルーベンスでした医者
スポンサーサイト

台風被害経過報告。   ~彼方の人へ~
  
    ルーベンスです医者

台風被害経過報告。
 ・越冬1号棟、外陣屋根欠落
 ・栽培3号棟、側面壁、一部裂傷有り。
 ・栽培4号棟、屋根に3箇所、穴有り。
 ・養生2号棟・4号棟、外部斜光シート消失(暴風に持っていかれたと判断)
 ・播種5号棟、屋根欠損。
 ・野菜栽培1号棟、屋根全面欠損・一部の躯体歪曲。

各破損部は、ユニットごと取り外し完了。
越冬棟・栽培棟はシステム変換の為、順次解体→設計変更→建設に移行。
(躯体に問題は見受けられない)

クローバーへの被害は皆無。
各資材手配完了。 明朝より建設を開始する。


 第二志願兵、 2メンバー志願受理。
 面接を行うも、その後消息不明→逃走と判断。

             報告以上。
                               警備隊隊長 ルーベンス医者





クドいので、読み飛ばされて結構であります

・・・・・余談だが、アナロジーとは「比喩」である。 
的確なる、精密なる事象を伝える時に、形而上的な象徴として、相手に対して五感全てを刺激するがごとく、伝えることが可能な伝達方法である。

よく「踏まれると、四つ葉のクローバーになる」とか、「成長点が傷つけられると、四つ葉のクローバーになる」と、定説が伝えられてきた。

確かに、人や車両の出入りが多い場所において、「四つ葉のクローバー」が発見されることが多いことだろう。

では、「そのような出入りが無い場所」においては、四つ葉のクローバーが発現しないのであろうか?

答えは、ノーである。

明らかに手付かずの群体において、「そのような出入りが無い」場所の群体においてさえ、四つ葉のクローバーは発現する。

「四つ葉のクローバーが頻繁に発生する株」において、富栄養状態では 四つ葉の発生率が多く、保水率が低かったりする状態においては、三つ葉が多くなる現象は よく知られている。

研究者によっては、小葉を形成する上でのエネルギー昇華効率が関係しているのでは? との意見もある。
では、富栄養化された培地において 三つ葉のクローバを栽培すれば「多葉体」へと変異するのであろうか?

答えは、これもノーである。


少々難解だが、アナロジーとしよう。
三つ葉のクローバーは、日陰にて育成されると、四つ葉になるのであろうか?

もちろん答えは ノーである。

しかしながら、「明るい日陰」において・「水辺」においてクローバーを観察すると、「四つ葉のクローバー」が見つかりやすいのは、すでに周知の事実であり、かつ、全国のすイエんサーファンの方々がすでに実践されて実証済みである。

であるならば、一連の事象においては、共通項が見出せる筈である。
科学的・物理的現象が....である。
故に、「アナロジー」なのである。

あのやかましく、けたたましい草刈機(刈払機).....現代では回転刃では無く、安全の為に「鎖」で薙ぎ払う粗暴なマシンに、1ミリ前後しかない植物体の成長点のみを 遺伝子の一部を傷つけるがごとくに、葉の形成部にのみ裂傷を与えることが可能であろうか?

クローバーは、刈り払われたのち、小葉の再生が開始されるが、多くの場合「四つ葉」たちは、この深手をおった後の第一世代からの発生が見受けられない。

ちなみにメリクロン技法とは、植物体の成長点に対してのみ裂傷を加えて培養する技法である。

定説に従うのであれば、メリクロン培養はオリジナルをコピー出来ないことになる。
(メリクロン技法とは、クローン技術と解釈されて構わない)

しかるに培養され成長した植物体は、多くの場合オリジナルに忠実である。

我々は解明と言う、錦の御旗にてパンドラの箱を開けてしまったのであろうと解釈している。
例えて言うならば、「ムーミン谷のニョロニョロは、どんな生物なのか?」を科学的に解明しようとチャレンジする「宝島社の空想読本」みたいなものと言えるかも知れない。

どんな生物か? 代謝系は? などと思案するよりも ファンタジック・メルヘンチックを楽しんだ方がとても良い。

さて、幸いにして我々が開けてしまったパンドラの箱は、閉めることは不可能であるが、密室において開放したので、このまま封印し埋めてしまう事が可能である。

多葉体発生のメカニズムは、永遠に陽の目を見ることは無いのである。

最後に、敬愛して止まない「小原博士」においても、40年以上前にこの箱を開けられたであろうと推察が出来る。
そして封印されたであろう事も推察できる。
それは、栽培方法を固守されてきたことからも伺い知る事が出来る。

我々はようやく師の足元にたどり着いたに過ぎないのであろう。
師のごとく、隠遁賢者のごとくに立ち振る舞わなくてはならないのであろうと考える。

それが、パンドラの箱を開けてしまった者の宿命であると確信するからである。
師の偉大さを改めて思い知ることが出来たのである。

「汝の信じる事を行え! それこそ法の全てとならん」
「四つ葉のクローバー」は、永遠にファンタジックであり、幸運の精霊なのでありますから。

信じる、納得される事柄が、一番良いと確信します。 

                        ルーベンス流ゆえ、無礼・乱文ご容赦。
                      
                                    ルーベンス医者 

クローバー王国 研究棟公開!?
おはようございます☆うれちぃ

王国近辺は、現在つかの間の平穏デス....orz
と...とりあえず、豪雨対策が 功を奏しまして無事です。


今の季節、王国外のクローバー達は、冬支度で花もすでに落ちておりますが.........
研究棟の中は暖かいので、春先のように花が咲き誇ってます絵文字名を入力してください






この棟のクローバー達は もう、外に出しても「四つ葉」を多く付けてくれる品種に安定しています。

.....が、あたしの狙いは まだまだ.......あぁ・・・

この棟の最終目標は、「すべてが四つ葉の品種に安定させる事」なのです キラ目

そして、その「すべてが四つ葉の品種」で、完全無欠の......四つ葉のクローバー蜂蜜を作るのデス絵文字名を入力してください

>純粋クローバーハチミツと どこか違うのか???医者
>うっ........ち・違うわよ!.......気分的に.....ガビン

>.......まぁ、よい。 完成後 成分分析にかけてみれば、なんらかの違いが発見されるやも知れんしな。
 場合により、「四つ葉ポーレン」(花粉団子)や、「四つ葉のハチミツ漬け」も可能かも知れん。
>四つ葉のはちみつ漬けぇ~~???!?

>そういう目で見るな。 以前に、「リアル・はぐちゃんサンドイッチ」を作ったではないか。
>あ~アレねぇ....... そっか! うふふふふうれちぃ


そんな訳で この棟でこれから ミツバチ達を養蜂します。
とりあえずは、蜂蜜よりも受粉。

すイエんサーで放送した受粉方法では品種改良に限界があるのです。
王国では、バイオテクの導入は採用しませんので(メリクロンは実証実験の為であり、新品種開発には使用しておりません)
なぜでしょう??? ミツバチに交配させると とても良い、健常な品種が生まれます。

アインシュタイン博士の言葉を思い出します.......
「彼等(ミツバチ)が、この世から消えうせたなら、人類は4年程しか生きられないだろう」

自然と共に生きていきましょう☆

     ~貴方にも幸運の四つ葉が舞い降りますように~
台風来襲!!
とうとう、王国にも台風の魔の手が迫ってきました.....がぁぁん

一応、出来る手は打っておいたのですが.......心配です。

後は 祈るだけ.....






そうそう、みなさんインフルエンザにご注意くださいね!
マスクして 予防に努めてくださいね!


(インフルエンザに注意してね! ) by萌乃ちゃん




  ~貴方にも幸運の四つ葉が舞い降りますように~

レペンスの秘密暴露.....その②
こんばんは ルーベンスです 医者

レペンスは、栽培棟の土壌消毒作業の疲労で今夜は早く就寝です。
よって、代わりに自分が更新させていただきます。

さて、謎の多いレペンスではありますが.......
レペンスには兄がおります。

そして、レペンス兄(面倒なので、以下 R兄 と表記)は、なんと バイクレーサーなのであります!(ノービスですが...)

先日、そのR兄のレースに同行、写真係を仰せつかってまいりました。


NSR250です。 すでに往年の名車ですので、もう ほとんど見かけないかなぁ~~~



タイムアタックで、6番グリッドになりました。

>年間成績はどうなってるんですか?医者
>現在6位。 このレースいかんでは 5位浮上出来るカモ?ケロロ軍曹






自己ベスト・ラップの走り。



なんとか後続を抑えつつ、上位を狙ってます。



宿敵が後方から迫り.......

結果、5位入賞。
年間成績も、5位になりました。

お疲れ様でした R兄。

ちなみに1・2位の方は こちら.....




い・いやぁ~~~ハングオン(?)の体重移動の仕方が ハンパでない......スゴイですな。




この日のレースには、とても楽しいレースがありましたので撮影しました。

...........そろそろ、明朝の台風対策の準備に差し支えますので、本日はこの辺で。
続きは 明日に。

        ∴みなさんに幸運の四つ葉が舞い降りますように∴


                                      ルーベンスでした。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。